一神教と多神教

このところ、一神教と多神教について考えることが多かった。

昨秋、C・G・ユングの「ヨブへの答え」を読んだ。林道義氏が10年かけて訳したこの著作は、ユングの著作の中でも最高傑作とも言われている。
昔、キリスト教に対して距離を置いていたのだが、整理する大きな転換点になった。
高校時代に遠藤周作氏の「沈黙」を読み、その後、アンドレ・ジッドの「狭き門」を読むという読書体験が、高校生の私には、それ以上探求をするには、ナビゲーターが必要だったが、自分の周りには居なかったのが理由だった。

ちなみに、遠藤周作氏がヨーロッパで著名な日本人作家としての地位を築いたのは、この「沈黙」が与えた影響からだろう。

旧約聖書に登場するヨブ記では、トリックスターであるサタンにそれほどまでに神への信仰が強いのならば、試してみればと神がそそのかされる。神であるヤーヴェに従順なヨブは、その結果、子供まで殺され、治らぬ病いを患い、それでも神への信仰を捨てないでいる。ヤーヴェは残酷にして慈悲深く、現象そのものであって、「人にあらず」である。この道徳すらないヤーヴェの二重性(神の無意識の矛盾)に対決するヨブが、その二重性を認識することによって変化が起こる。ヨブの認識、智恵(ソフィア)によって、ヤーヴェは変わらざるを得なくなる。それは神が人間になるということであった。これは相手が分かったと同時に、自分も分かるという同時変化が、天上界において起こる。

ユングの言葉を借りると、「ソフィアの接近は新しい創造行為を意味している。しかしこのたびは世界が変えられるのではなく、神が自らの本質を変えようとするのである。人類は前のように滅ぼされることになるのではなく、救われることになるのである。この決断には、人間を愛するソフィアの影響が認められる。つまりつくられるのは人間ではなく、人間を救うためのただ一人の神人である。この目的のためには創世記とは逆の手続きが使われる。男性である第二のアダム(キリスト)は最初の人間として直接創造主の手からもたらされたのではなく、人間の女性が(マリア)から生まれるのである。 
(中略) 
こうした見解はなるほどマリアの人格が男性的な意味で高められることを意味している、と言うのは彼女はキリストの完全性に近づけられているからである。しかしそれは同時にまた完全性ないし十全性という女性的な原理が病んでいることも意味している、と言うのはこの女性的な原理が完全主義化によって、マリアをかろうじてキリストから区別するぎりぎりのところにまで縮小されてしまうからである 太陽に近づくほど光が薄れる! こうして女性的理想が男性的にその方向へねじ曲げられていけばいくほど、女性は完全性を目指す男性的な努力を保証する可能性を失い、ついには後に見るようにエナンティオドロミー(訳注より、ユングはあまりのも一面的になりすぎると、無意識の中に逆の方向性が強まり、その作用によってやがて意識の在り方が逆転するという意味で使っている。)によって脅かされる男性的理想状態が生まれてしまう。完全性を通っていく道は未来に通じていない。たとえ通じても、逆転、すなわち理想の破綻になる。その破綻は十全性という女性的理想によれば避けることができるであろう。ヤーヴェ的な完全主義は旧約聖書から新約聖書と受け継がれ、たとえ女性的原理が大いに認められ高められたとはいえ、家父長的支配には勝てなかった。」

旧約聖書から新約聖書に至るヤーヴェからキリストの物語は、まだ続く。このように女性原理をしぶしぶながら完全性の中に取り入れて認めながらも、家父長的支配を続ける結果、無意識のうちに育まれている否定的感情の爆発、つまり抑制させられた裏側で生じる対立物として、ヨハネの黙示録が位置づけられる。
ヨハネの黙示録では、七つの封印が開かれることによって、「こうして、キリスト教の現存、忍耐、隣人愛や敵への愛、また天にまします愛の父とか人間を救う息子や救世主いった、あらゆるイメージの横つらを張りとばすような、おぞましい光景が生まれるのである。 中略 ついに7番目の天使がラッパを吹く鳴らすと、エルサレムが破壊された後に、天上に、足の下に月を踏み頭に十二の星の冠をかぶった太陽の女が現れる。彼女が産みの苦しみの中にあり、彼女の前には火のように赤い竜がいて、彼女が生む子供を食おうとしている。」
この封印が開かれるとは、「彼女とは、女性本来の十全性を奪い取られていない女性の原人であり、男性の原人としての対」である。

キリスト教がこのように十全性を持つ女性性を男性原理である完全性のもとに位置づけ片翼飛行をしている宗教だ考えると、世界の限界状況にもつながる理解ともなり、ユングの「ヨブへの答え」は、イリイチのジェンダー論とはまた違う、壮大なユダヤ・キリスト教とそのロゴスの歴史という観点からジェンダーを捉える画期的な試みだと言える。
このような試みが可能になったのは、エディプス還元主義のフロイトと決別したユングの、男性性と女性性の深淵を語ることができた天才性に拠るのは確かだ。もちろん引用は一部であり、エノクや各福音書も登場するので、読まれることをお勧めする。

さて、そんなふうにユダヤ・キリスト教を代表とする一神教への整理と理解をしたところ、多神教に想いを馳せていた頃、といっても数週間ほど前だが、町田宗鳳氏の「人類は宗教に勝てるか 一神教文明の終焉」を読んだ。

この「人類は宗教に勝てるか 一神教文明の終焉」は、多神教的コスモロジーの復活、無神教的コスモロジー(決してマルクスの言う無神論ではない)の時代へ、と展開され、現在の世界にとってとても重要なテーゼとなっている。長くなるので、一読をお勧めする。
いずれにしても一神教が限界にきているのはゆがめない。

町田氏は、法然を調べていて知った方だ。法然に関する重要な著作を出されている。

なぜ、町田氏が法然を取り上げたのか、分かるような気がする。法然には50年に一度、天皇が新しい諡号を与える。今は和順だ。鎌倉期の仏教膨張期の前に位置する法然は、親鸞、日蓮、道元など鎌倉期のスターが登場する以前の土台を作っている。それも、世の中が飢饉と不安で動乱する京都末期にあって。

日本に登場する天才たちは、薄氷の上を歩み続ける世界の危なさに対して、さまざまな警告とヒントを与えている。また古事記を読むと、国の成り立ちが、いかに平和であるかよく分かる。イサナミとイサナギが、二人で仲良く作り上げた国で、しかも悪い神が出てこないのだから。出ても八岐大蛇であるけれど、尻尾からは三種の神器のひとつである天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ)が出てくる。

私たちは、世界の中でいかに重要な国に住んでいるか、その意味を分かっていないのは、当の日本人であるのかもしれない。

熊坂武術院

4年ほど前、左の手首から肘にかけて痛みが走るようになった。さすがに我慢できないレベルに達して病院に行った。
整形外科の先生は、ベンツでも長い間乗ると故障が出るように、あなたの手首も医学的には亜脱臼を起こしたのですよ、と診断された。しかし、その後の話が酷だった。サポーターを巻いたとしても限度があるでしょう、いずれ手術しかありません、金属を入れて固定する方法です、という内容だった。
焦った。
仕事柄キーボードを打つことが多い。スタッフに任せることは可能だが、やはり自分で打ちたい。
WEBで何か方法はないものかと探しまくった。

宇都宮に会津藩の関節治しの秘伝を受け継ぐ熊坂先生という方を発見し、電話をした。
あっさりと「元に戻らないと仕方がないでしょう」と言われ、新幹線で飛んでいった。
宇都宮からタクシーで1メーターほどの距離にある熊坂武術院は、畳12畳ほどの簡素な空間だった。薄い敷布団の上に寝かされて、痛んだ手首をゆっくりと回すようにして関節を治療する。先生は関節が元の場所に収まるように具合を感じながら回している。
3~4分経ったころ、「もう大丈夫でしょう」と言われた。
自分で手首を回してみると、今までの痛みが、まったく無い。

驚いた。感謝感激雨あられとはこのことだ。

もし、あのまま整形外科の先生で手術をしていたらと考えると、ゾッとする。

今まで西洋医学が対症療法であるということは知識として持っていたが、自分の体を持ってその違いを分かった。原因を突き止めるには、西洋医学のアプローチは欠かせないとしても、治療方法には選択肢があると痛感した。
(その後、痛風で苦しんでいた叔父を連れて行ったが、西洋医学で痛風だと判明しないでいったため、結果的にはダメだった。これは、事前に原因を突き止めていないことによる。)

友人や仕事上のお客さんにも話したところ、10人ばかり行くことになり、少しは恩返しができたかもしれない。

少し変わった先生だ。治療中でも禅の話が始まると、止まらない。部屋の片隅には、道元の「正法眼蔵」が置いてある。

3ヶ月ほど前、ジムで無茶をやり、膝を痛めたようだったので、伺った。お弟子さんが2人居た。

心臓が弱っているとおっしゃている。長生きしてほしい。

WEBは、こちら、熊坂武術院。

銭湯と温泉

事務所の近くにある銭湯に行くのが楽しみで、休日出勤をした日など、仕事がひと段落ついた夕方の明るい日差しが差し込む空間で、ゆったりと湯船につかってみる。

高い天井、富士山の絵柄は、どの銭湯も共通で、3種類ほどある湯船を楽しんでいる。

昔と何が変わったか?というと、夕方はおじいさんが多い。そして、今は顔見知りが少ないようだ。

昔は、銭湯が地域社会の交流の場であって、仕事が終わって体を流す人たちは、いつも来ている常連さんなので声をかけたり挨拶をしていたように思う。

たまに夜に行くと、今度は、夕方よりも人数が少ない。もちろん住環境の変遷で、銭湯が少なくなっているのだが、なんだか寂しい。
昔は、子どもたちも、湯船に入る前は体を流したり、そういう共同体の礼儀を親から学ぶ場所だった。多分、こういう文化は他の国では見当たらないだろう。

恩師から、アフリカから来た友人を温泉に連れていったところ、とても感激したという話をきいた。これは、欧米では考えられないだろう。肌の色の違いが、階級を作り出している国々では、とても難しいことかもしれない。裸の付き合いという言葉があるが、銭湯や温泉は、まさに体現する日本ならではの生活文化がある。

4ー5年前、栃木にある鹿の湯という温泉に行った。この温泉は古くからあり、地元の人で賑わっている。湯船が、40度から最高の46度までの段階に分かれており、合計で五つぐらいの湯船があったと思う。この最高温度の46度は、なかなか入れるものではないくらいに熱い。ゆっくり入ろうとしても、初めは肌がヒリヒリするくらいの熱さだ。

46度風呂に入る人たちは、この熱さを我慢比べして入るため、連帯というか修行場の仲間意識というか、そんな雰囲気がこの湯船の周りにある。
「ウォーリャー、ウーツ、効くねえ」とか言いながら、周りもウンウンと納得したりしている。私が行ったときは、クリカラモンモンのおじさんがいた。でもそのおじさんも周りの人達と一緒にとけこんでいる。不思議だ。普通ならば、ヤバそうなおじさんがいると避けられるところが、この46度湯船の修行空間で、連帯していた。
ホント熱かった。でもまた近くまで行ったら立ち寄るだろう。