今起こっていること

現象界が煮詰まっている。現象界は、モノとカネの世界。
この煮詰まりの結果、自己都合で思いやりのかけらもない自己中心的な意識とともに
人間の感情や衝動が噴出してくる。

一つ一つの小さな現象でも明確な背景と輪郭を持ってくる。

その出来事はなぜ生じたのか?
その出来事には、どんな要素が組み合わさっていたのか?

ニュースで毎日のように報じられる出来事にしても、政治にしても経済にしても
この現象界での組み合わせの結果、起こっている。
膨張のインフレに対して、収縮のデフレは、構成する要素をより明確にしてしまう傾向があるため
煮詰まりが起こる。

人間の感情についても然り。
ちょっとしたことで怒ったりするのは、感情が現象に左右され、川面に揺れる浮舟のようなあやふやなものになっているからであろう。
そして自分にとってちょっと都合のいいことがあると幸せだとか喜びだと感じているのが現実である。

しかしながら、より深く、より遠くから全く異なるエネルギーが生まれていると感じている。
煮詰まれば煮詰まるほど、深く遠いところから、はっきりして浮かび上がってくるもの。

分かりやすく仕事で言えば、それは、ミッション、ビジョンと呼ばれるものであり、トップ=代表が体現しているものになる。

モノは、合わせ鏡で考えるならば、その裏で作り出しているのは人間である。
どうもここがひっくり返ってしまっている。モノが先にあって人間が従属しているようなひっくり返り方が気に食わない。

昔、宮大工の方と話す機会があり、昭和30年代から始まった高度経済成長期に販売された家が、生涯住み続けるには、建て替えが必要になる日本の住宅事情に憤り、一生涯住める独自の注文住宅を事業展開された方だった。先日、奥山清行氏の本「伝統の逆襲」を読んだ。
やはり闘っている方々には、胸を打つものがある。

安くて使い捨てというアメリカナイズされた文化は、元々日本にはなかった。

さて、この使い捨て文化の傾向は、1995年から加速する。
日米構造協議である。大店法の撤廃が、商店街を壊滅状態に追いやり、地域の共同体が崩壊し、郊外の風景が崩れた。戦後二回目の敗戦だった。そして年次改革要望書が毎年突きつけられる。
2009年12月以降の改革書は、亀井元金融大臣が止めていたという話もあるが。

ワンシーズンしか使えないユニクロの千円セーターは、罪つくりと言わなければならない。
別にユニクロ全体を否定しているわけではなく、ヒートテック靴下は私も重宝した訳だが、
奥山氏の言葉を借りて言うならば、
モノを作るということは、生きているものを殺して作り上げる訳だから、今までより以上の価値を持つものを創り上げなければゴミを作ることになる。

少し引用しよう。

「伝統の逆襲より 引用~
「もの」を創造するときは必ず、どこかで同時に破壊行為が行われている。建築をする時は森で木が切り倒されているわけであり、自動車を作る陰には、大地を 削って鉱石を掘り出し、エネルギーを注ぎ込んで精錬している。最近では「環境に負荷をかける」という言い方がなされるがすべて破壊行為にほかならない。自 分の目に入らないところで起きているからといって、なかったことにはならないのだ。
だから破壊行為を上回るだけの「もの」の価値がなければ、新しいものは作ってならないのである。それがモノ作りをする人間にとっての規範だ。私は「レトロ 商品は根本的に悪である」と言い切っているのだが、それは破壊行為をしておきながら、昔と同じもの作っているからである。
~引用終わり」

これは凄い精神である。

言い換えれば、エントロピーの法則から私たちは逃れることはできず、使えるモノから使えないモノに変換せざるをえない文明の中に生きており、その物質のエネルギーを役立てる志というか精神が、アメリカナイズされた大量生産~使い捨てという物質文明とは決定的に異なる。

食べ物で言うならば、マズイものを作るのは、冒涜である。モノを人間のために使えない形にして、マズイものを作る訳だから。そして要となるのは、モノを作っている人間の状態が関係している。
スタッフがハッピーにやっているレストランは美味しい。

数日前、自宅でパーティをやったとき、私は味噌汁を作った。
友人がシジミを持ってきてくれたのでシジミ汁を作ることにした。
「シジミの口が開いたら、味噌を入れて大丈夫だからね」と友人。
そして、煮立った出し汁にシジミを入れたとき、すぐに口が開いた。
自分は生きているものを殺し、食べようとしている、そして同時に言葉が出た。
「シジミさん、私たちのために命を捧げてくれて、ありがとう。あなたたちの命は無駄にはしません。」
友人は、「今日は、ありがとうの日だね」と言った。
みんなが美味いと舌鼓をうってくれたとき、何かが味方してくれていると感じた。

イスラエルとイランの緊張からオイルショック

アメリカの中間選挙の後、今秋以降は非常に緊張に満ちた世界状況が続くだろう。
イランの軍事力は、イスラエルを直撃するミサイルを抱えており
イスラエルという国を認めないとする前提が、一触即発の危機を生み出している。

昨夏、アメリカがイランに対して経済制裁措置を取った時、イランはペルシャ湾を封鎖すると発表している。
ペルシャ湾の封鎖に伴って、最も影響を被るのが日本である。中東からの石油輸入は全体の80%に及んでいるため経済そのものが成り行かなくなる。
代替エネルギーは、まだ何十年もかかる。

もともとアメリカの傘の下で外交戦略をつくらざるを得なかった日本が、唯一イランに対しては違った。
2度に渡る石油ショックの後、石油エネルギーラインを中東に求めるためイランの外交戦略もアメリカの傘の下から外れざるを得なかったわけだ。
イランからの輸入量は、10%に及ぶが、ペルシャ湾封鎖が起こったときは、それどころではない。

アメリカ経済が成り行かなくなったときに、戦争経済を巻き起こす可能性があり、ヒラリー、ロバート・ゲイツ国防長官、マイク・マレン統合参謀本部議長の動きで予測できる。

このような事態に、現在の民主党幹部は国内権力の保持に終始することで盲目となっているため、何の期待もできないのが実情だろう。

グローバルスタンダードで渉外能力のある政治家は限られており、国難が予測できる。
本来、日本だからこそできる戦略と交渉があるはずなのだが。。。

日々、仕事に追われる私たちとしては、覚悟しておくことと、分かっていることを人に伝えることから始める訳だが、そのとき世界平和が前提になる。

平和は既にあるものではなく、作り出すものであること、そのためには厳しいことも言わなくてはならないし、その葛藤、超克から生まれる。

民主党の敗北を歓迎

参院選で民主党の敗北の後、民主党では誰も辞任しないという、まるで皆が辞任しなければ怖くないという状況がまかり通っている。
参院選の前に、IMFが消費税の引き上げを要求し、4年間は消費税を上げないという公約を翻して、まるで信頼のおけない政党となり下がった民主党が大敗北するのは目に見えていたわけだ。
国民を馬鹿にするではない、というのが本音で、ご飯と米粒はどこにでもくっつくような気持ち悪い饒舌で言い訳に終始するイノシシ顔の枝野幹事長たちが話すのを見るにつけ、敗北して良かったと思っているのは、私だけではないだろう。