日経WEBサイトの所得増減マップが興味深い

日経WEBサイトで掲載された所得増減マップが興味深い。

https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/income-map/

1975年からのデータなので
ひとつの区に決めて歴史を辿ると歴史が分かる。
港区が現在1100万の年収平均(全国一高い)に対して
地方の過疎地は250万前後が多い。

私が育った大阪の箕面市という比較的所得が高い市でも
400万少し。

いかに東京、関東に一極集中しているかもよく分かる。

郊外の杉並や世田谷などは
1975年から平均して伸びている。
サラリーマン世帯が多いことが理由だろう。

日本のGDPとの関係でも
結果、東京、関東が牽引していて
地方が高齢化で伸び悩む構図が見て取れる。
面白いのは、北海道宗谷郡猿払村。現在の平均年収が約800万でホタテで稼いでいるらしい。ぶっちぎりの高さ!凄い。

数字は事実がよく見える。

To change the subjectで。

しかしながら先進諸国の中でもこれだけ東京のように一極集中している例は珍しく、フランスでもパリは10%程度に対して、東京は20%強。

南海トラフ地震、首都圏直下型地震が起こるとどうなるか?日本土木学会が今年6月に発表したように、20年の復興期間が必要となる場合、1400兆もの予算が必要になる。日本が崩壊する数字である。
事前対策を行う事で、3−4割の軽減することが可能になるというが。

村井俊治先生が研究を続けられる地震科学探査機構は、土地の測量技術から地震の予測を行うことで知られている。
https://www.jesea.co.jp/
私は応援する意味でこの有料メルマガを購読しているが
2年ほど前から関東は警戒レベルがずっと続いている。
慣れてしまう自分に気をつけよう。

縄文人と遊び

上野の国立博物館で開催されている「縄文展」に行ってきた。

国内で開催された縄文の展示会で最大規模だろう。

最古は7000年前から1万年前の土器まで展示されている。
初期の土器でも縁取りにデザインが施されており土器全体にも紋様が施されている。世界の四大文明に比べていち早く創意工夫が生まれているのは驚きだ。

有名な中期に生まれた火炎式土器の展示で考えてみた。

機能を無視して燃え上がるような形態を創り上げた縄文人の状態になってみると、遊び心があったんだろうという結論。土器を創り上げるには抱きかかえるように作ったと推測するが、機能ではなくエネルギーがある曲線やそこから吹き上がるようなフォルムの数々を生み出す遊び心。皆で創り上げた土器を鑑賞し合って面白がる文化。縄文人のコミュニティが統制された政治的形態とは無縁の集団的エネルギーに満ちていることを感じる。
“縄文人と遊び” の続きを読む

マハティール首相から考える年齢について

マハティール首相の92歳という年齢に驚いた人が多いと思う。
はっきりとした物言いは、90年代後半のアジア通貨危機がタイのバーツ暴落をきっかけで起こり、その仕掛け人ジョージ・ソロスへの批判で表れていたと記憶している。
92歳という年齢は、人が意識する年齢に対してのパラダイム変換である。100歳を越えて活躍されるとすると、年齢に対しての常識を崩すことになるだろう。
昔100歳以上に長生きする人の共通点を探したことがあって、例えば自分が居ないと裏山を世話する人がいなくなる、とか、伝える伝統が途絶えてしまうとか、使命を帯びてやることがある人は長生きする。
逆の例として、アメリカ人がやることなく定年退職すると早死にするという。1年半というデータもある。
マハティール首相は顔の色つやも良い。100歳を越えて活躍されると人が年齢に持っている意識が完全に壊れ、その長生きの理由を理論化し始め、人の内因性に基づく精神状態と年齢の関係が更にはっきりすることだろう。

「ティール組織」フレデリック・ラルー著

組織論で秀逸な本の紹介。ティールとは青緑の意味。

組織論の進化を色で語っている。オレンジのトップダウン、ブルーの多元的組織、そしてティールの進化型組織。ブルーの多元的組織は協働のモデルだが異なる意見が出たときの調整が難しい。
それに対してティール組織は、10−12人をチームとした組織で意志決定が躓かない。経理や人事などのスタッフ職を縦割りで構成する多元的組織は、まだお伺いをたてる必要があるのに対して、ティール組織は採用や予算など自分たちのチームで完結する。

ティール組織は、社員の存在から揮発した個とチーム全体がまるで生命のように機能している。
ミレニアル世代の組織論だと思う。やる気、内因性による仕事の生産性は非常に高い。
やる気が奮起されたときのミレニアル世代のエネルギーは、眼を見張るものがある。

ミレニアル世代を企業が理解していない、このメッセージは、例えばwantedlyの仲暁子さんが「ココロオドル仕事を見つける方法」でも紹介されている。

世代論で語ると外から見ることになる分かった気になるが、内因性からの共感は、球を外側から見るかと球の内側から見るかくらいに違う。
人間が地球で生き延びるために必然的に起こったようなこの進化に対して、経済、政治はまだ適応できていないと考えている。

ティール組織

トランプ政権タカ派VS中華思想

トランプ政権はティラーソン国務長官の更迭から更にタカ派色を強めている。今の世界情勢は、トランプ政権のタカ派 VS 中華思想で動いている。今年の中間選挙に向けて過去最低の支持率を挽回する戦略を考えざるを得ない状況。
金正恩の訪中、六カ国協議への参加もその背景で分かる。
中国が制裁関税に対抗する同額の関税を課したことに対して、今朝、日経WEBでは、アメリカが更に対中制裁10兆円追加を検討。

トランプ政権タカ派VS中華思想は行くところまで行く可能性がある。手打ちが双方にとっての妥協点となるまで。
今年後半は何が起こっても不思議ではない。あおりを食らうのは日本。

温暖化か寒冷化か

今年の冬は寒かった。1月は太陽の黒点活動が停止したらしい。2月に太陽フレアの存在が認められたが、最大を10とすると3くらいの勢い。経済活動と黒点活動の相関関係もあるらしい。2008年と2009年は太陽の黒点活動が極端に低下した。
温暖化はCO2が原因での温暖化。寒冷化は2030年頃から始まるという説。

冬場の野菜価格は、白菜が1個600円まで上昇。キャベツは400円があたりまえ。しかし先週の土日でスーパーに行ったら150円のキャベツ、ブロッコリーが180円で大安売りに思えてしまい、たくさん買ってしまい、毎朝ブロッコリーを茹でて食べている。

以前だったら普通の価格なのにね。

温暖化より寒冷化の方が、人間にとって脅威かもしれない。食べ物に困るからだ。
小麦は今の気温より2度高いほうが育つ。寒冷化はサバイバルなのだ。人間のDNAが飽食に適応していないのも寒冷化の期間が長かったから。

ということで太陽の黒点活動は目が離せない。

日中関係の改善と日本の潜在力

日中関係の改善が進んでいる。これは外務省から経産省へ対中政策がシフトした結果。一体一路政策への協力を視野に入れている。トランプ大統領が最低の支持率を更新し、共和党内に置いてもフリーダムコーカス勢力との対立が表面化し副大統領がいつでも大統領の代行を遂行できる体制が着々と進んでいる。行きすぎたポリティカルコレクトの結果揺り戻しのアメリカファーストだったが、再度揺り戻しが生じている。
“日中関係の改善と日本の潜在力” の続きを読む

クレイトン・クリステンセン著「ジョブ理論」

「破壊的イノベーション」の権威であるクリステンセンの最新作。
破壊的イノベーションが成功率25%行けば良い方で,博打的な側面があったことを鑑み、更に因果関係を見極めるために理論化したクリステンセンの渾身作。

納得することしきり。一日で読み切れる。

話はミルクシェイクから始まる。ミルクシェイクを購入する層を調べたところ、朝の通勤途中にドライブスルーで購入し暇な運転時間にはもってこいの商品だったことが分かる。ベーグルはパンクズが落ちるが、ミルクシェイクは細いストローで飲むのに30分かかり、そこそこ空腹感も満たされる。つまり朝のミルクシェイクは通勤途中の暇なドライブ時間を埋め合わせるにはもってこいの商品だったという訳だ。

企業のイノベーションが、その商品を雇用(購入)することで何を解決しようとしていたのか?焦点の当て方が全く違う。
ミルクシェイクを雇用するという表現を使っている。

人は日常生活で様々なジョブを抱えている。マットレスが凹んで熟睡できない、子供との対話、すべてジョブと括るのだが、雇用=消費はこの解決をするものであるという定義。従って製品の機能アップやマーケティングによる層の分析より何故雇用する必要があったのか?そこにはどのような日常的なストーリーがあったのかを深掘りし、核となるジョブに組織的なパワーを集中させる。

モノから発想するのではない。モノから発想すると、年齢層による消費動向とニーズ分析は製品の機能高度化に向かうことが多く、はたしてマーケットに受け入れられているのかどうかがはっきりとしないままイノベーションに突き進む。ガラパゴス化からの脱却である。

20年に渡る研究成果であり、イノベーションが当たるも八卦当たらぬも八卦という博打的な側面から脱却させた成果は、さすがである。
一読されることをお勧め。

来日されたときに、日本は80年代、90年代イノベーションの嵐で世界中を席巻したのに、今の日本はどうしてこんなに元気が無いのだ?というクリステンセン博士のメッセージ。

90年代からは護送船団方式が崩れ、経営環境もガラッと変わってしまい、価値観も当時とは全く違う。かと言って日本で起業することの障壁は相変わらず高い。これは初期投資のエンジェル、ベンチャーキャピタルの層が薄いこともあろう。ちなみにFacebookのザッカーバーグはロックフェラーの孫であり、Googleも起業時かなりの投資を受けている。
日本でも新しいタイプのベンチャーキャピタルが出てきたが、まだまだ。
大手のジョブ理論マーケティングで成功している例は、パナソニックの時短製品などがある。忙しい共働き夫婦にとって時短は必須。全自動洗濯機から食器洗い機など時短製品がバッチリはまっている。私の姉は子供が小さい頃、野菜を洗濯機で洗っていたが、彼女なりに時短を追求した結果。凄すぎる、、、、

日本では、起業障壁の高さがあったとしても、ジョブ理論は役に立つ。特に起業する若い人たちに勧める。出資するベンチャーキャピタルも論理的に納得できるはず。

東京はやっと晴れたが・・・

東京はこの数日晴天。しかし仙台は36日間雨が降り続き歴代一位の記録。
自らの環境を壊す生き物は生存し続けることができないという大前提があると思う。インドでもガンジス川ではすでに川が汚れて沐浴ができないらしい。ホーキングが昔来日した際に、ある新聞記者が宇宙人に対する質問を投げかけたところ、自分の惑星を捨てざるを得ない状況を作り出した生き物なのだから、必ずしも良い生き物とは限らないと答えたのを覚えている。
江戸時代は絶滅した生物が無かったという。経済は循環経済だし、資源を食い尽くす文明は明治以降。江戸のコミュニティは、お金が無くても数日働ければ食べていけるし、都市を作る男手が必要だったので女性が少ないために江戸ジェンダーが華開いた。

東京オリンピックの開催が、ヒートアイランド東京で可能か?最も過酷なオリンピックになるという意見も出てきている。
アマルティア・セン博士が経済と環境との融合を語っていたが、環境問題は単体では政治と結びつきやすいため、他の要素との組み合わせで語ることが必要なのだろう。

P.S.後になって気付いたのだが、ホーキング博士の宇宙人に対する見解は、あくまで今の地球人の判断基準に沿っているので、環境を壊さずにUFOを発明して惑星感飛行を可能にしている見解も同時にある。

忙しい夫婦は、omni7での食材調達からホットクック!

忙しい夫婦にはもってこいの無水調理器SHARPヘルシオの「ホットクック」。
食材を入れてメニューを選択し、あとはお任せ。
この2週間ほどで、シチュー、さばの味噌煮、ひじきの煮物、10種類くらい作った。どれも美味い!
忙しすぎる夫婦には、omni7=イトーヨーカドーの宅配サービスが便利だ。
夜8時から10時まで届けてくれる。
我が家はこのomni7での食材調達 → ホットクックで回したところ大正解!

ホットクックは、妻が勝間和代さんのロジカルクッキングを知って勧めたのだった。2.6Lが作り溜めできて便利。

世界の情報は4年で倍になっているということは

世界の情報は4年で倍になっているという。
この数字を知って本の要約サイト「フライヤー」に申し込みをした。
日本では年8万冊の本が刊行され、そのうちビジネス書は6000冊。これは個人が年間で読める量ではない。
使ってみて日頃読まない本に行き着くことが多かった。
引き込まれた本としては、「Hard Things」ベン・ホロウィッツ、この本で紹介されていた「インテルの戦略転換」アンドリュー・グローブ。CEOの職務は誰も教えてくれないことが分かる本。プロセスの中で判断決断の連続でありベンチャーの場合、突然訪れる状況変化に対して毎日がジェットコースターに乗っているかのようなテンションの高さがある。
特に戦時中のCEOと平時のCEOは違うというくだりは納得。今は戦時中なのである。

さて、4年で情報が倍になるということは、状況分析が非常に複雑で高度になる。パラメーターも多くなる。若い人には、やりたいことをやったほうが良い、と言いたい。
情報を創り出す側に歩がある時代だと思うから。

ガンバレ!ホリエモンロケット「モモ」

何度も何度も燃焼実験を重ねて、その失敗は一回につき軽く100万円飛ぶという。
ロケット発射の一回当たりの失敗は押して計るべし。

あのスペースX率いるイーロン・マスクも4回失敗して、ギリギリまで追い込まれ、Googleに身売りするかどうかという瀬戸際まで行ったとき、テスラの新車発表に助けられた。
今では、ボーイングと並んでアメリカのロケット事業を担う柱だ。

このチャレンジ精神は人に元気を与える。

「サピエンス全史」を読んで肉を食べられなくなったら

今話題のベストセラー「サピエンス全史」を読んで、四つ足動物の肉を食べられなくなった方々も多いと思う。著者のユヴァル・ノア・ハラリ氏も然り。
ホモサピエンスが生き延びるために、あまりにも残酷な動物の飼育事例がオンパレードだったためだ。
実は私も読後、そうだった。
とは言え、食事に困ることも起きたため、調べて見ると以下で判明。
日本では、牛に名前を付けていることもあり、家族のように大切にしているところもある。
妻から聞いたのだが、東北食べる通信では、牛に花子や太郎など名前を付けて育てているらしい。動物を苦しまないで済ます方法も実施されているところもある。牛は寂しがり屋なので、一頭では飼えない法律が日本では施行されている。母が昔、子牛が売られていくときに、母牛が涙をぽろぽろ流すのよ、という話をしていた。こういう話はホッとする。
ニュージーランドでは牛が放牧されていることも知った。価格が高くても買ってしまうだろう。焼き肉店でもニュージーランド産牛肉を食することができる店があるようだ。
本としてはサピエンスの歴史をサバイバルする生き物として通史で切り取った素晴らしい出来なのだが、生活に影響が出る方々も多かったと思う。

ひょっとして寒冷化?

今年の冬は寒い。
日本は冬の温暖化が昨年までのトレンドだと思っていたが、今年から変わったのだろうか?
沖縄と台湾で降雪があった。
長い目で見ると地球にとっては氷河期が当たり前の期間だった。
今は間氷期にあたる。1700年くらいから始まったという。
太陽の黒点活動で温暖化と寒冷化の周期が繰り返されていた。今までの温暖化トレンドは2040-50年で終わるという予測もあったが、もし間氷期が終了しつつあるということなら、地下水の枯渇問題、食料生産の減産問題も出てくるというところで、以下のYouTubeを紹介します。

“ひょっとして寒冷化?” の続きを読む