現在の金融危機

現在の金融危機に対して、いくつかの観点がある。
私にはイギリスの産業革命以来続いてきた近代化と市場原理主義、そして金融システムの行き詰まりが最も大局的な観点になると思っている。
300数十年に一度の変化することになる。

元FRB理事長のグリーンスパンは、100年に一度の金融不安であるという。これは明らかに1929年の世界恐慌との比較であって、資本主義が内蔵しているバブルと恐慌の最も大きな波として捉えた場合の観点になる。実務家であっても、これくらい長いスパンでとらえている。

昨年、2007年8月に金融不安で金融商品が大きく下げたときに、97年98年のアジア通貨危機に比較されることが多かったと思う。アジア通貨危機は、経済の実態に対して流れ込んでいる資金が過剰でありバブルと判断したジョージ・ソロスがタイバーツの猛烈な売りを浴びせかはけたことから始まる。そして98年のロシアの通貨危機。ジョージ・ソロスは、タイバーツの売りで莫大な利益を上げ、逆にロシアの通貨危機では損失を出している。いずれにしても世界は90年代の後半デフレからの脱却が、この金融危機によって遅れた。

金融商品は、上がるのは徐々にしか上がらないが、下げる時はあっという間に下げる。これは上げるときは皆が暗黙のうちにこれは上がるだろうと予想し、つまりケインズの美人投票をしている。下げる時に勢いがつくのは、今まで上がると思って買っていた人たちが、恐怖によって売るからである。相場の世界では損切りという言葉があるが、次々と損切りされることによって値が走ることになる。
金融商品は、その多くが売りでも買いでも利益を上げることができる。(株の空売りがある)
ジョージ・ソロスのクォンタムファンドは、設立からたしか10年ほどは、年間4000%ほどの利益を上げていたと思う。ヘッジファンドは世界に約6000あるが、昨年から利益を生むのには苦戦している。今まで決まった容量の池に少数のヘッジファンドが跋扈したため、数千%の収益が可能であったが、現在はヘッジファンドの数が多くなりすぎたため、ジョージソロスのところでも年間十数%の利益還元となっているらしい。

現在の資本主義が存命する上で、中国・インド・ロシア・ブラジルの開発と成長が必須となるわけだが、中国が今までのアメリカの役割を果たすことはなく、そういう意味では世界は帝国の崩壊と多極化に向かっている。

アジアを一つとしてとらえるときに、文化・宗教の違い、格差などまだまだ課題は多いが、日本が今後生き延びていく上で、特に中国とインドとの関係は欠かせない。
小泉内閣のグローバリズムは、アメリカと心中する政策であり、戦後の成長期にとられた政策が状況にあってないまま引き継がれていることを考えると、今度の衆議院選挙は、戦後日本が初めて体験するパラダイムシフトになるかもしれない。

グローバーリズムは、それが進めば進むほど、ローカルでの独自性が問われるという逆説を念頭に入れておく必要がある。情報、貨幣、流通さまざまな面において、世界間での相互依存性は高まっているが、それぞれの国が持っている文化、強み、豊かさ、創造性がなくしては、この世界的な相互依存性の中で生き延びていくことは難しい。

今回始まったデフレは、100年続くという説がある。あながち外れてはいないだろう。

選挙は、どこに入れようとも個人の自由だが、自民党のウルトラCだけは理解しておいた方が良い。
つまり
皆が選挙にいかれるとヤバイ。選挙に行っても、何も変わらないでしょう、というウルトラCである。
だから、選挙に行こう!

住所録の整理から分かったこと

今日、住所録の整理をしていた。
数が500にものぼると、名前と顔、そして何をやってらっしゃる方か思い出せないケースが多々あった。
逆を言えば良く連絡をとったり、付き合いが疎遠であっても昔一緒に時間を過ごした人は、思い出せる。
新しい出会いがその人のネットワークの中にインプットされるには、どういうケースだろうか?
また人は何によってアドレスを管理しているのだろうか?

まずインプットの話からいうと、得になるという入口がある。例えば営業マンでもその人と出会うことでどういう得があるのか?そしてその得がお客さんの中にインプットされるには?
例えば価格であったり、言葉では表せない何か豊かさであったり、とても感じが良いということであったり、その商品を使うことで役に立つということであったり、さまざまだ。
お客さんが必要としているまたは困っていることに対しての需要と供給の関係は、分かりやすい。ニーズではなくウォンツの関係もある。これは欲しいと思うもの、これはジェンダーに関わっているかもしれない。

1回では忘れてしまうけれど、5回も10回も熱心に内容を紹介されると、ついつい検討のステージに入ってくることがある。このときのツールは、メールマガジンであったり、電話やファクスであったりするわけだが、特にメールマガジンは、パソコンのゴミメールとして処理されてしまうことが多い現状だ。必要なものはsubject行で判断している。
必要でない場合は、メールマガジンに対してプレゼントをつけるとか、そしてアンケートをつけるとかがある。アンケートは、しかしながら2回書いて何も当たらないと人が恨むではないだろうか?
そういう意味では、電話連絡からDM郵送、そしてもう一度電話をするという方法は有効だ。この方法はサービス業の場合かなり残る率が高いのではないだろうかと思う。

残ることが必要で、同じようなことを同じような人のように話をしていても目立たない。初対面に、人は多くのことを覚えないので、たった一つの目立つことを言う。
○○○○の何々です、というように覚えやすいこと。商品が世界で唯一のものでなければ、世界でいちばん手厚いサポートを目指している○○です、というような言い方もある。すっと人の心の中に入ってくる言葉、これが大切だ。

情報のベースは、メールを使って管理している人も多い。ヘッダー行やサブジェクト行で検索をすることによってデータを管理している人も多い。

新しい出会いで、インプットしてもらえるには、何度もコンタクトをする必要がある。そして得になることを話していること。この人と付き合っていたが得になることが多い、いろんなことを紹介してくれる、人も紹介してくれる、いいことづくめだ、だから私も何かしてあげようという気持ちになるような人。好循環、これが大切だ。

ちなみにこのブログはDragonSpeech2005で書いています。素晴らしい音声認識ソフトです。
タイプするときは、親指シフトキーボードを使っています。Rかなは、親指シフトキーボードの1.7倍打鍵しているので。

小林秀雄さん

日本の文芸評論家として有名な、小林秀雄さんの講演CDを聞いた。
その中で、「感動は矛盾を超える」と語られている。
本居宣長を最後に書かれたが、「宣長さんに感動したから」と素直に語られている。
今は亡き池田晶子さんが、小林秀雄さんを尊敬していたことは有名だ。

初めにCDを聴いたとき、思ったよりトーンが高いんだなあというのが印象だった。後から知るに、落語家の古今亭志ん生の話しっぷりを聴きこんだという。

訴えてくるその力に、深さと熱さを感じた。

人が感動するにはボルテージの高さが必要だ。そのボルテージは、日々ギリギリのところで生きているという現状認識から生まれている。

これを超えないと次がない、これを今分らないと次がない、そういう現状認識だ。
青山二郎は、小林秀雄にはセックスアピールがあると言った。
小林秀雄さんは、自分は秀才だが、青山二郎は天才だといった。
小林秀雄さんの妹さんが、兄のことを書かれているが、青年期での中原中也との間で起こった女性事件で、どれだけ苦しまれたかそのことを書かれていた。その苦しみが、後々の評論活動に深さを持たらしたと思う。

「感動は矛盾を超える」、すばらしい言葉だ。

原丈人さん

原丈人さんという人がいる。デフタパートナーの会長を務めている。
ほぼ日刊糸井新聞で、インタビューを受けている。
初め考古学をやるために、南米で驚くほど安い年収で発掘調査を行い、その後シュリーマンを目指し発掘資金をためるために再勉強する。
そしてベンチャー企業を起こし成功した後、実業家として数々のプロジェクトを率いている。

きれいな顔をした人だと第一印象を受けた。
アメリカにながらも日本の事を考えている。
原さんのプロジェクトで、バングラデシュの遠隔医療と遠隔教育が紹介されている。
社内で数々の反対にあいながらも、やらせてくれ!責任は俺がとるから、の一言で決めたという。21世紀の国富論という本を出されている。
糸井さんも書かれているのだが、原さんの怒りは日本を何とかしよう、世界を何とかしようというお腹から出ているもので、すがすがしい。

バングラデシュのプロジェクトが、うまくいくことを祈っているが、このお金の流れがどうなってるのか面白いと思っている。本当にお金のない国で、現地のためにもなりながら、利益を上げるだからすごい。

グラミン民銀行には、以前から興味を持っていたが、今までに無かったお金の流れだと思う。グラミン民銀行の創設者は、ノーベル平和賞を受賞している。原さんのプロジェクトも、提携している現地のNGOが確かグラミン銀行とも関係がある。

21世紀の国富論の中で、日本を世界に誇れる国にしたい!この言葉には感動する。

石油とドルの関係

石油とドルは逆相関の関係になる。例えば為替でいうと、2008年3月に付けたドル円95円70銭は、先物で原油が上がっていくそのプロセスでつけている。

原油が上がるとユーロが上がる、オーストラリアドルが上がる、そうなっている。

現在、2008年8月下旬は、1バレル110ドル台にリバウンドで下げているが、どこまで下がり、どこまでドルが上がるか?

しかしトレンドであるドルの下落で、得をするのは誰か?どの国か?

原油の多くは、ドルで決済されている。実はドルが下がって原油で得をするのはアメリカになる。
1バレル100ドルだったとする。これが150ドルまで上がった時、ドルで決済されていたらどうなるか?
50ドルの得になる。

イランが昨年の春、原油の決済を円に変えてくれと要望したのは理由がある。
世界的に現在の基軸通貨であるドルは、その役割を果たせなくなっており、ロシア、中東が決済をユーロに変えていきつつあった。

しかしながら、極端なドル安は世界の全体経済に悪影響を及ぼすため、調整しつつあるというのが現状だろう。

2011年には世界の原油埋蔵量が、半分になるという。これは文芸春秋に掲載されていた堺屋太一さんのレポートから知った。それまでに下げたとしても、1バレル60から70ドルという。

日本には資源がない。

平和とエントロピー

1980年代に出版されたジェレミー・リフキンのエントロピーの法則が、日本でエントロピーという言葉を周知させるきっかけになったと思う。ジェレミー・リフキンは、カーター政権の要職についていた。分かりやすい例でいうと、日本のたばこが消費されるとき、使われるエネルギーから2度と使うことができない物質へと変わる、この時エントロピーが増大するという。
宇宙においても地球においても、熱力学の第2法則は適用されるので、私たちはある均衡に向かっていることになる。
暑い部屋の中に置いてあったコップの水が、最終的には部屋の温度と同じになるように。
しかしながら生命体は、自分たちが生きていけるように環境のみならず関係も作り変えている。初めの環境ならばまだ物質のレベルなのだが、関係となると精神のレベルになる。
例えば、仲の悪い夫婦がいたとする。当然子どもにもいろいろな悪影響があるだろう。のみならず、だんなさんの仕事の効率も落ちるし奥さんだって無駄な時間と金を使う。子供はいらぬことで意識をとられる。エントロピーが増大していると言える。
この逆を考えてみよう、仲の良い夫婦がいたとする。だんなさんは奥さんが困っていることがあれば解決しようとするし、その逆も然り。当然人に対しても笑顔で接することが多く、あるお店で買い物したら、その素敵な笑顔を見てお待ちをしてもらったということもあるかもしれないし、自分では知らないところで助けられる好循環が生まれていることが多い。単に仲良くすればいいということだけではなく、自分たちが成長して命豊かに生きる、これが元だと思う。

ネゲントロピー(負のエントロピー)という言葉があり、この言葉は物理学者のシュレーディンガーが始めに使った言葉らしいのだが、松岡正剛さんのサイトで概要が追える。

 本当のことは早く明らかになった方が、未来がある。
しかしながら、国家というレベルで見ると国と国は、上記のように簡単には仲良くできない。