プロテイン、必須アミノ酸、消化酵素で激変!

今週からプロテイン、必須アミノ酸、消化酵素を摂取している。毎日のポテンシャルがこんなに違うものかと驚いている。夫婦揃って飲み始めた。
一週間前に友人の女医さんからアドバイスをもらったのだった。

筋肉が落ちてくると気持ちも弱くなる。プロテインを摂って筋トレを始め必須アミノ酸9種類のうち8種類が含まれているAminoVitalをいっしょに飲む。消化酵素は吸収を良くさせるために飲んでいる。

午後になると眠気が襲ってきたのが、無くなった。朝からずっと仕事をしても大丈夫になった。これは凄い。よ〜し!今週は一気に筋トレもやろう!ということで、始めている。
“プロテイン、必須アミノ酸、消化酵素で激変!” の続きを読む

環境問題と適応型生存本能

地球温暖化の原因は、その95%が人為的原因とされている。残り5%は火山の噴火や自然の変異で起こっているということらしい。しかしながら日本の戦後からの長期データによると、夏で35度以上の真夏日は逆に少なくなってきており、冬日で寒い日が少なくなり冬の温暖化が進んでいることが解ってきている。(気象予報会社のHALEXによる)

この数日確かに暑かった。人間のホメオスタシスに悪影響を及ぼすのが42度以上となるためこの温度を越えると体も壊れる。インド、パキスタンで50度を記録した猛暑で数千人が死亡したが、この気温で人間が生活することはできない。
一方、NYの大寒波はこの数年当たり前になっているが偏西風の蛇行が熱帯地域で海温上昇に伴い海水が蒸発することによって偏西風の流れが変わることでNYの大寒波に繋がっている。
マイナス50度を記録した超大寒波だ。
インドでは熱波、NYでは大寒波、地球上で極端な気候変動が起こっている。
“環境問題と適応型生存本能” の続きを読む

人工知能をめぐる悲観論と楽観論

人口知能の進化が著しい。
同時に悲観論と楽観論が出ている。

悲観論は、人工知能が進化することで、労働が人工知能に取って代わられるという観点、また映画ターミネーターのスカイネットに象徴されるコンピュータが人間を支配するという社会構造への警告、そしてS・ホーキングによる「人類はゆっくりと進化してきたが、今の人工知能の進化は急激すぎる」という論点が主なものとなっている。

楽観論は、人工知能が現在第三段階にあり、Deep Learnigという進化の要となる学習プログラムは、決して人間を支配するものではない、という論点に見られる。Deep Learnigは、ある層の知識の総体があるとすると、更に抽象度の高い上の層を導き出すアルゴリズムで、人工知能第二段階までのインプットしなければアウトプットが成り立たない制約から解き放たれることで、飛躍的な進化を遂げている。第二段階までの人工知能は、インプットがあってアウトプットがあったのに対して、第三段階の人工知能は、下位の層から上位の層へ至る間に新しいレイヤーとなる層を組み入れ抽象度と制度を上げるためにノイズを利用している。つまり今まで猫を猫として判断するには膨大な猫情報を必要としそのインプットが必要だったが、わざとノイズ情報を入れることで、猫が猫である精度を上げることに成功している。楽観論は、人口知能のプログラミングが決して人間を支配するようなアルゴリズムにはなり得ないことを技術的な観点から述べている。また人工知能の機械学習を行う範囲がある限られた分野で収まることも楽観論の一つになっている。

“人工知能をめぐる悲観論と楽観論” の続きを読む

世界同時株安から

中国の株価下落が凄まじい。日経も650円ほどの下落。一説によると習近平と江沢民との確執があり、江沢民側の勢力が株の売りを持ち込んだとする説があった。真偽は分からない。共産党幹部の売り逃げというところか。さもありなん。腐敗で海外に持ち出された金額が150兆円というから凄まじい。
4割の銘柄が売買停止となっている。中国バブルが吹っ飛ぶと2500兆円という日本のバブル崩壊の比ではない額。5%以上を保有する者の売りを半年禁じたということ。市場原理の中で底を見るまで行くことになる。中間層が育っていないので内需拡大政策も難しい。貧富の差はアメリカ以上となっており、高所得者8000万人と厳しい生活を強いられる国民の構成が実際のところ。
南シナ海の埋め立てを巡るアメリカに対しての強硬発言は、国内状況を外にそらせるためのもので、その逆となる日本との協調路線をめざす政治論文も発表されることを考えると、国内の混乱は相当激しくなっている。日本になだれ込む中国人が多くなり日本国内での混乱も予想される。

日経平均の日足を見ると、日経平均株価はあがっているのに、MACD(移動平均収束拡散法)が、ダイバージェンス(逆行現象)を示していた。

“世界同時株安から” の続きを読む

ギリシャより中国の方が危ない

本日7月6日、ギリシャのEU緊縮財政案の国民投票結果が反対で発表された。反対が6割。日経平均は430円の下落。ドル円は122.50円ほどに円高。ギリシャの国民投票に合わせたように上海株が三週間で約30%の下落。中国政府が急遽4.5兆円の下支えを行った。ギリシャ経済が世界に与える影響はそれほど大きくは無い。ドイツ国民が南のギリシャでバカンスを楽しんでいたのを羨んでEUに加盟することで金利が下がり消費意欲旺盛になり、収支が合わなくなったのが今回の限界だろう。
しかしECBによる欧州金融安定ファシリティーの資金流用もあるので、逃げ道は用意されている。

三年前ECBのドラギ総裁が、当時のユーロ危機の最終局面で、ユーロを守るためなら何でもする!と宣言したところからユーロの底打ちが確認され、同時にアベノミクスが乗っかったグレートローテーションの幕開けが世界の株高を支えてきた。

2年前、中国の大連に行った。その時で大学卒業者の3人に1人しか就職できないという状況。そして就業人口は2年前から緩やかに下降しだして現在に至っている。中国の投資リターンは7%。従って7%の成長を割ると対外的にマズイ。あの手この手で統計発表を作り上げる訳だが、現実的には作られた数字も多いという。内需の力強さが見られない分、中国政府のテコ入れが必要だった。こう考えてみるとAIIBは、この実体経済の悪さをリスクヘッジするために作った金融体制とも考えられる。
ソフトランディングできるかどうか。

“ギリシャより中国の方が危ない” の続きを読む

複雑性と人間の精神

今起こっている複雑性は国家がコントロールできない、これが前提だろう。エネルギー、生態学、宗教、金融、経済、文化、政治 etc.すべてが密に絡み合い、1つ狂えば連鎖が波及する。予測ができないため状況に対応するしかなくなっているので、国家が化け物になりつつある。
N・チョムスキーの著作に「複雑化する世界と単純化する欲望」という著作があるが、単純化する欲望の主体を国家に当てはめてみれば分かる。

では、希望はどこにあるのだろうか?
先日、インナーフロンティアという言葉を知った。人間は言葉を使える。人間はこうありたいと考える人類共通の真・善・美を言葉にすることが出来る。そしてその未来を生きることが出来る唯一の生き物だ。
戦争の無い世界は、創造と協調そして人類の課題解決に向かうが、戦争と破壊がもたらす欲望は未来を暗黒に塗りつぶす。
国家には限界がある。この限界が国民をコントロールする独裁として成立する危うさが世界のいたるところで見られる。
残されたフロンティアの一つ、インナーフロンティアに希望がある。

複雑性が進めば進むほど専門だけでは解決がつかなくなる。専門はひとつの分野に対しての知識ベースから計算することなので、各分野の状況が密接に絡み合った複合的な空間ではそれぞれの要素が影響を及ぼし合うため、1つの専門での解決は難しい。
そういう意味では、専門は専門として持ちながら、せめて2つ以上の専門を持つこと、そして人類の未来を豊かに創造できる智恵と意志が益々必要となっており、この2つ以上の専門を統合できるのは人間の精神を通してしか出来ない。

宇宙の中で地球が生まれる確率は、10の15乗分の1

地球がもし金星に少しでも近ければ太陽のやけ尽くすような熱を帯びた惑星になっているし、火星に近ければ乾燥した惑星になっている。非常に狭いバンドで太陽の周りを回っているのだが、このバンド幅を10分の1とすると、現在の地球の状態が存在するには、その他確率要素を加味すると10の15乗分の1という確率でしか存在し得ないらしい。

銀河系は約1000億個の星で構成されるため、同じような銀河系が1万個ある中で、一つ生まれるかどうかの確率になる。宇宙のローカルでこの上なく恵まれた惑星の上で戦争と喧嘩にあけくれる人類は、宇宙の中でどう映っているのだろうか?自分たちの作った神で戦い、自分たちの作った金で豊かさを計り、自分たちの自分たちのと自分ばかりの事を考えている生き物は、大きな大きな全体の中で迷惑この上ない生き物として存在しているのだろう。人類が滅亡しても地球は残っている。

生物の多様性は、或る生物が多くなりすぎることも少なくなりすぎることも無く、この星で適応していく最適な環境とバランスを維持していた。江戸時代まで絶滅した生物は無かったらしい。

イギリスの産業革命時代に、森が煤煙にまみれ黒く変色していった。森で生存していた蛾は、白色だったが捕食から逃れるため黒色に変化したことが記録されている。突然変異が起こった。
“宇宙の中で地球が生まれる確率は、10の15乗分の1” の続きを読む